近視・視力低下

豊橋近視の治療
豊橋近視の治療
豊橋近視の治療

近視・仮性近視とは

近視は、近眼ともいいますが、眼球内に入ってきた光(情報)を網膜の手前に結んでしまうことによって遠くを見ることが困難になる症状です。反対の状態を遠視とします。

近視には仮性近視と真性近視があります。 また、正確には真性近視が本当の近視で、仮性近視は偽近視や調節性近視などと呼ばれています。
これは仮性近視が目の一時的な酷使によってピント調節がうまくいかないために起こる現象であるからです。

逆に、真性近視はメガネをかけたり、最近一般化されてきたレーシックを行わないと見えやすくはならないといわれています。

近視はなぜ起こるのか

目はレンズに当たる水晶体を厚くしたり薄くしたりして、外部から入ってきた光を正しく網膜上で焦点を合わせることによってものを見ることができます。

ところが、水晶体の厚さを調節する毛様体筋が衰えたり、調節がうまくいかないと近視となったり遠視となったりします。

近視では眼球を真横から見た図で、左から入った外界の光が水晶体で屈折して眼球の奥にある網膜に達する様子を示します。

正常な焦点の合い方では、外界から入った光は水晶体で正しく屈折して網膜で焦点が合います。

この状態がぼやけずにものが見える状態です。

一方、近視の状態になるとものがぼやけて見えますが、これは焦点が網膜の位置からずれることで起こります。

視力低下の徴候

  1. 気がつくとテレビに近づいている
  2. なんとなく『寄り目』ぎみにみえる
  3. まばたきが少ないようだ
  4. 目の前にある物を見つけるのに、時間がかかる事がある
  5. 眼の周辺で不自然な動きをする事がある

子供の仮性近視は治るのか

子供の仮性近視は、仮性近視治療で効果がなかったらすぐにメガネで矯正する方がいますが、お勧めできません。

なぜなら初期の近視ならば、メガネをかけることによってピントの調節機能が固定され、視力は低下する一方だからです。
そして、鍼灸治療なら視力を回復、維持していく事が可能だからです。

近視に対する鍼灸のメリット

近視はレーシックでしか治らないとされていますが、その歴史はまだ浅く、1990年代より学会で注目を受け日本では2000年より認可を受けて始まっています。

しかし、2009年にはアメリカで長期的に見ても安全とは言われていますが、術後の感染症、ドライアイ、ゴースト像、フラップの穴やしわ、乱視、角膜拡張、飛蚊症などの後遺症が出ている現実もあります。

また、日本の場合、レーシックなどの屈折矯正手術を受けたことのある者はパイロットの受験資格がないことや、術後の視力が安定するには1週間から1ヶ月程度を要する、治療費が高額になるという弊害も問題として存在します。

また、最近ではHKT48の指原莉乃さんが、コンタクトレンズを埋め込む手術をしたことで話題になっています。

これは、ICL眼内永久コンタクトレンズといい、治療は1回のみ、レーシックと比べ角膜を削るのは約1/10、入れ替えることがなく永久的に視力を回復するとされ、費用は大体60万円前後、1dayコンタクトを使用した時と比較し、約8年で元が取れるくらいです(レーシックは30万円前後)。レーシックよりも鮮明に見え、ドライアイなどの副作用もないことから注目されています。

鍼灸治療の場合、一回で完全に回復することはあまりないですが、角膜を傷つけることがないので、からだへの負担がなく、週1回程度治療していけば1回~数回で変化が現れやすい傾向にあります。

レーシック、眼内永久コンタクトに不安がある人、専門の眼科まで行く時間やお金がない人、直後、もしくは翌日などすぐに視力回復が必要な人には眼科治療実績30年の当院で行う近視に対する鍼灸治療は的を得ていると考えます。

学校での視力偏差値

判定 視力
A  1.0以上
B  0.7~0.9
C  0.3~0.6
D  0.2以下

学校検眼での結果は、検眼通知書に記されます。これは"眼の通信簿"のようなもので、A、B、C、Dの4つに分かれています。

この判定ではB(0.7~0.9)以下が眼科での再検査となります。
Dになるほど視力が悪いということですが、Bの判定といえば、やや合格ラインと勘違いしがちですが、偽陽性や再検査予備軍と思ってください。

B判定の場合、眼科を受診しても「様子をみましょう」といわれますので早期予防をしない結果、気がつかないうちに近視が進行してしまい、 仮性近視→真性近視に進行してしまいます。
しかし、真性近視でもまだ視力回復の望みは残されています。それが鍼灸治療です。

判定後の子どもの視力は、親の行動ひとつでどちらにも転びます。B判定の段階から視力低下の予防をしていきましょう。

自動車運転免許の基準

自動車運転免許を取得できる視力の基準は両眼で測定する視力が「0.7」です。
実はこの0.7というのは『両眼で測定した視力』なのです。片眼では視力「0.3」です。
両眼で0.7以上、かつ、片眼でそれぞれ0.3以上。
(※2018年1月24日現在)

自動車を運転するのは、夜間も含まれますので、両眼で測定する視力が0.7以上出ていれば、メガネなしで、夜でも安全に運転することができると、法律でも認められていることになります。